県政報告

岡山県議会定例会閉会

2016年03月18日

本日、岡山県議会定例会が閉会しました。
7190億9500万円の平成28年度一般会計当初予算案をはじめ85議案を可決しました。
意見書案では、廃止となった議員年金を新たな制度として創設するよう国に対して求めるものがあり、地方議員の「なり手不足」を踏まえて「有為な人材を幅広い層から確保するため、退職後を含めた適切な処遇の確保が喫緊の課題となっている」ことから発議したもので全会一致で可決されました。

 今議会では、伊原木知事の今任期最終年ということもあり、これまでの成果や来年度予算についての意気込みなどが多く問われたように思います。閉会のあいさつでも、「生き活きプランの総仕上げの年。県民に岡山は良くなってきた、元気になってきたと実感してもらえるよう全力を尽くす。」と力強く話されていました。
また、教職員の不祥事続発についても多く取り上げられました・・というよりも、これだけ続くと取り上げざるを得ない・・。教育県・岡山の復活!という旗印を掲げている中で残念で仕方がない。

ちなみに、今議会で発議され可決された国に対する意見書と条例等は以下の通り。
・「医療等に係る消費税問題の抜本的解決を求める意見書」
・「介護福祉士養成施策の充実・強化等を求める意見書」
・「精神障害者への交通運賃等割引制度の適用を求める意見書」
・「北朝鮮による日本人拉致問題の完全解決を求める意見書」
・「行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例」
・「岡山県議会会議規則の一部を改正する規則」
・「地方議会議員の新たな年金制度の実現を求める意見書」

2月岡山県議会定例会が開会しました

2016年02月23日

本日(23日)、2月定例岡山県議会が開会しました。
7190億9500万円の2016年度一般会計当初予算案など49議案が一括上程され、伊原木知事より提案理由が説明されました。
IMG_4493
知事の提案説明では・・
「教育の再生」については、全国学力学習状況調査における平均正答率が小中学校ともに全国平均との差が縮小するとともに、不登校の出現率や暴力行為の発生割合についても改善傾向にあること。
「産業振興」については、1100億円を超える投資や約2000人の雇用が生み出されたことや、凍結していた県営産業団地の開発にも着手したこと。
などの実績をあげ、来年度には「県民の皆様に目に見える成果を示してまいりたい」との意気込みが示されました。

本日の提案説明された来年度予算で、私が個人的に特に注目した内容では・・
*企業の本社機能の移転を加速させるための支援メニューの拡充
*立地企業の初期投資の負担を軽くするために補助制度に一括交付を導入
*既存立地企業に対して、雇用の維持・創出につながる設備投資をサポートする制度を創設
*産業用地について、空港南産業団地について岡山市と連携して開発を進めるほか、市町村が行う団地開発に関連した公共施設の整備に対する支援を拡充
*玉島ハーバーアイランドで工業用水の利用が可能となるよう、来年度中の給水開始を目指して整備を進める
*岡山県のブランド農産物である白桃やブドウの生産振興と新たな担い手確保を目指すハイブリッドメガ生産団地の整備促進と、白桃の既存産地の面積拡大を支援
*第7次岡山県保健医療計画をもとに医療機能の分化と連携を進める
*第3期岡山県障害者計画に基づき、障害者差別解消法の趣旨を踏まえながら、障害のある人の就労支援など社会参加を促進する
・・ことなどがあります。
「目に見える成果」として知事就任1期目の最終年の予算執行に期待したいところです。

H27年度2月補正予算・H28年度当初予算

2016年02月15日

23日から岡山県議会2月定例会が開会するのを間近に控え、委員会へ平成28年度当初予算案や平成27年度補正予算協議額があがってきています。
補正予算協議では、国の地方創生加速化交付金などを活用した緊急対策分96億7200万円があげられました。http://www.pref.okayama.jp/somu/zaisei/yosan/hosei27-0215-1.pdf
その中には、介護福祉士を目指す学生等に対する修学資金等の貸付に要する経費(5億5668万9千円)、国の交付金等を地域医療介護総合確保基金に積み増すための経費(24億4800万円)、潜在保育士に対する就職準備資金の貸付に要する経費(4710万円)、資格取得による自立促進を目的としたひとり親家庭の親に対する入学・就職準備金の貸付や子供の貧困対策を推進する市町村を支援するための経費(8490万5千円)などがあります。
アベノミクス新三本の矢の中に「夢を紡ぐ子育て支援」「安心につながる社会保障」がありますから、そのことに少しでも早く対応していこうという姿勢が見られます。とはいえ運用は地方自治体がしていくわけですから、できるだけ効率よく結果の出るよう努めていかなければなりません。

平成28年度当初予算案の詳細については、昨年末より予算編成方針、要求額など各常任委員会や予算総括協議会で説明を受け、協議を進めてきており、本日(2/15)には知事査定などを含めた当初予算のあらましが公表されました。
一般会計:7190億9500万円+特別会計:2539億7200万円+企業会計:129億9600万円=合計:9860億6300万円 対前年比99.7%(※一般会計については、社会保障関係費や地方消費税清算金・市町村交付金などが増えたことなどにより1.9%の増)となっています。
詳細は、以下をご覧いただければと思います。
http://www.pref.okayama.jp/somu/zaisei/yosan/tousyo28-0215-aramashi.pdf

ちなみに・・子育て支援や医療介護の充実に関連するところでは、安心こども基金が延長となり6億9100万円が追加されるなど、認定こども園の普及拡大や私立保育所・認定こども園の職員給与改善、地域子育て支援拠点の整備を推進するなど図られる。
また、地域包括ケアの推進、医療従事者や介護従事者の確保策、介護提供体制整備などがあげられており、社会保障施策の充実等により前年度比115.4%(約18億円)の増となっている。

新年のご挨拶

2016年01月05日

sinnen
新年明けましてお目出度うございます。
昨年は、県議選において3期目の当選を果たすことができました。引き続き、私が県政活動の柱として掲げる
「なくそう無駄、創ろう次代の新しい岡山県」
「無理なく生活できる医療福祉社会の実現」
「あんぜん安心なまちづくり」
「魅力ある農林水産業へ」
「たくましい産業の育成」
「ふるさとを愛し、次代を担う人づくり」
を念頭に、地元に密着した地域の皆様との対話と次代の岡山県を見据えた広い視野を意識しながら活動していく所存でございます。

昨年末には、地方創生にかかる「おかやま創生総合戦略」が策定され、国においては「一億総活躍社会」の実現が掲げられました。
「地域の仕事をつくる」「地方への人の流れをつくる」「結婚・子育てを支援する」「時代にあったまちをつくる」、という「地方創生」という縦軸に、「希望を生み出す強い経済」「夢をつむぐ子育て支援」「安心につながる社会保障」という新三本の矢で横軸を貫き「一億総活躍社会」を実現していくのです。
地方創生が縦軸にある以上、「地方が主役!」「岡山県から全国に発信していく!」という気概と自分たちの地方の課題は自分たちが積極的に解決していこうという覚悟が必要です。

地域にある課題、私がぜひ実現したいと持ち続けている課題に対して、議会の場で、また実践できる場として持っている現場で挑戦し続けていきたいと思います。

本年も皆様からのご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

                                                                               岡山県議会議員 中塚周一

(※ 写真の当事務所前の門松は、地域の方からのご厚意で飾っていただいているものです。有り難うございます。)

岡山県議会定例会閉会

2015年12月23日

岡山県議会定例会が12月22日に閉会しました。
一般会計補正予算案をはじめ執行部提案32議案、宇高航路の存続に向けて国に財政支援を求める意見書案や子どもを虐待から守る条例案など議員発議4議案など計36議案を可決しました。

12360403_446026755583900_7075150455311278709_n[1]
本会議終了後には、JR倉敷駅付近連続立体交差事業整備促進議員連盟より知事に対して事業推進の要望書を提出しました。倉敷駅付近の区画整理やまちづくりの方向性も絡んできますが、事業主体はあくまでも県なので、積極的に倉敷市やJR、水島臨海鉄道などと連携を図り推進してほしいものです。

2018年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カレンダー