県政報告

文教委員会 県内調査②

2019年08月07日

8月5日・6日で文教委員会の美作地域を中心とした県内調査を行いました。


まずは、岡山県立大学で地域連携協力事業をはじめ、入学生の募集状況や卒業生の県内就職状況などについて聴きました。県立大は、岡山県内で活躍できる人材の育成に大きな期待が寄せられる大学であり、そのための積極的な取り組みが期待されます。


吉備高原学園高等学校では不登校・中途退学等への取り組みについて聴きました。
全寮制による規則正しい生活をベースに、様々な技術系学習ができるカリキュラムをそろえています。


津山市立鶴山中学校では学力向上に向けた学習環境づくりについて聴きました。
学習状況の調査をベースにした学習方法を実践したり、ICTを活用した授業を行うなどして学力向上につなげています。



県立勝間田高校を訪問し、農林、自動車整備、食文化などの多様なコースの実践的な授業について見聞しました。ワサビ田の再生やワサビアイスの商品化の取り組みも聞かせていただきました。
ワサビ田の再生の取り組みは、生徒の発案ではじめたことが地域の方へも波及したそうで、地域の中での学校の役割、存在意義が改めて認識させられるものでした。


県立勝山高校を訪問し、県北地域勤務を見越した教員養成や蒜山校地との遠隔授業の取り組みなどについて聞きました。
地域に根付いた人材育成は、よく言われることですが、「教員養成」に目を向けたものは余りないのではないでしょうか。今後の取り組みが更に期待されます。

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カレンダー