県政報告

文教委員会県内調査②

2017年10月02日

9月28日、文教委員会の県内調査を行いました。
1か所目は、倉敷美観地区内にある国指定重要文化財「井上家住宅」。

井上家住宅は、享保6年(1721年)に上棟されており、美観地区の重要伝統的建造物群の中で最古の大型の町屋です。平成24年から保存修理が実施されており、10年かけて工法や建築年代などを調査しながら、使われている部材をできる限り再活用して組み立て直していきます。

2か所目は、県立天城高等学校で「スーパー・サイエンス・ハイスクール」の取り組みについてお聞きしました。


天城高校は、中高一貫なので中学校段階から科学的思考を段階的に高める取り組みをしています。ただ、「スーパー・サイエンス・ハイスクール」といっても理数科のみのことではなく、様々な教科・科目において「CASE(Congnitive Acceleration through Science Education)」という「科学的思考力を段階的に高める取り組み」を授業に取り入れて、科学的思考力や判断力を身につけることができるよう実践しています。

生徒の研究発表や論文集なども見せていただきましたが、中・高校生で、ここまでの整理の仕方が身についていれば大学へ行ってもスムーズだろうなと感じました。
将来、国際的に活躍できる人材が育成されることでしょう。
(※ ちなみに・・説明していただいた中塚校長は、何代か遡れば共通の先祖のようです)

最後は、浅口市立鴨方東小学校。


鴨方東小学校では、「学力向上」「落ち着いた学習環境」「連携協働による教育活動」などを進めるために、基本的生活習慣の改善や地域人材を活用した学習支援などに取り組み、全国学力調査では、全教科で全国平均を上回るなどの成果が出ました。
現在も、その取り組みを進化させ、「コミュニティスクールの導入」や「学校働き方改革」などの取り組みも進めています。

おかやま農業女子との懇談会

2017年10月02日

9月27日、自民党岡山県連青年局・女性局とおかやま農業女子の皆さんと懇談会を開催しました。

青年局は、毎年、県内の各種団体の若手の皆さんと懇談し、各業界・地域の課題や取り組みなどについて意見交換をしています。
今回は農林水産省が推奨する「農業女子プロジェクト」で全国初の地域版農業女子プロジェクトとして発足した「おかやま農業女子」の皆さんと意見交換をしました。
「明るく・楽しく・儲かる」農業を目指し、企業、異業種、学生などとの繋がりを広げながら、新たな価値を生み出し、発信する元気な女性の皆さんです。

ひと口に「農業」といっても、参加していただいた方は、果樹、米、野菜、養鶏など、扱う農業は様々ですが、みなさん共通に言えるのは生産するだけでなく、6次化商品の開発をはじめ、自ら販路を開拓・拡大したり、地域イベント・広報などを企画運営されています。
女性ならではの細やかさや積極性(思い切りの良さとも言えるでしょうか)に加えて、農業女子の明るさとパワフルさが、農業のイメージを大きく変えるのだと感じました。

おかやま農業女子の活動は、おかやま農業女子のフェイスブックをご覧いただき応援してください!

岡山県議会9月定例会

2017年09月29日

岡山県議会9月定例会が9月5日から27日の間で開催されました。
今議会では、公共事業費の14億9500万円を次年度に繰り越すための補正予算案をはじめ、「参議院議員選挙における合区の解消を求める意見書案」「森林整備のための安定した財源の確保につながる制度を早期に創設するよう求める意見書案」などの議員発議4件を含む19議案を原案通り可決しました。
※議案議決結果は県議会ホームページを参照ください。
http://www.pref.okayama.jp/uploaded/attachment/224432.pdf


また、今議会中には、その合間を縫って、私が事務局長を務める社会福祉関係振興議員連盟も開催し、先だって岡山県精神科医療センターを視察した際の「発達障害児・者の支援体制」についてや社会福祉法人経営者協議会との懇談会でいただいた提言・課題についても、役員会や県保健福祉部との意見交換会などを通じて、今後の対応等について協議しました。

社会福祉法人経営者協議会との懇談会

2017年08月26日

8月25日、岡山県社会福祉法人経営者協議会と自民党岡山県議会・社会福祉関係振興議員連盟との懇談会がありました。

本懇談会は、例年、社会福祉法人経営者協議会様からお声がけをいただき開催しているもので、高齢者介護、障害福祉、児童保育・養護など社会福祉全般にかかる課題や提言などをいただき、意見交換しているものです。

これまでも、本懇談会でいただいた課題・提言により、大規模災害時の支援体制、施設整備条件、人材確保・育成など、県政において対応・実現してきているものがあります。そうして実現できるということは、経営者協議会からいただく提言が、決して既得権益を守るためのものではなく、社会貢献や福祉を必要とする人のためのものになる提言であるからだと思います。

岡山県精神科医療センター視察

2017年08月22日

8月21日、私が事務局長を務める社会福祉関係振興議員連盟と医療議員連盟の役員合同で、岡山県精神科医療センターを視察し、発達障害児・者の現状と支援の在り方などお聞きしました。

中島理事長と来住院長より、発達障害児・者を取り巻く課題や支援などについて、また、岡山県精神科医療センターの地域での役割についてお話を伺った後、院内をご案内いただきました。

課題は、様々にあります。発達障害児・者の増加や家族を含めた支援、また、医療・保健、福祉・養護、教育といった関係する支援分野の連携などを各人のライフステージを通じて支援できる体制づくりの必要性。さらに発達障害を適切に診断できる医師や保健・療育・教育に携わる専門人材の育成を急いで取り組まなければならないことなど。官民協働で体制づくりをしていかなければなりません。

2 / 1412345...10...最後 »
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カレンダー