県政報告

新年のご挨拶

2017年01月03日

門松
新年、明けまして御目出度う御座居ます。
今年は、県議会議員として10年となる一つの節目の年となります。
これまでも、私の県政活動の柱としている
「なくそう無駄、創ろう次代の新しい岡山県」
「無理なく生活できる医療福祉社会の実現」
「あんぜん安心なまちづくり」
「魅力ある農林水産業へ」
「たくましい産業の育成」
「ふるさとを愛し、次代を担う人づくり」
の視点をもとに活動を続け、提言をしてきました。

年を重ねるごとに地域とのつながりも深くなり、より具体的な県政への提言ができてきていると思います。
「一億総活躍社会」や「地方創生」の実現のためには、地方(地方自治体)の実情はもとより、より細かい地域の課題を把握し、さらにその課題を解決する術を地域の皆さんと一緒になって考え、発信していくことが必要であると認識しています。

現在も幾つかの地域の方々と意見交換をしながら解決の道を探り、地域の生活の継続性の実現のために動いていることがあります。
また、人口減少・少子高齢社会の中において、子育てに優しい地域、健康寿命の長い地域をめざした仕組みづくりも継続していきたい。
さらには、地域経済の活性化に向けた農林水産・商工業の環境整備についても、引き続き提言していきたいと考えています。

これまで以上に踏み込んだ政策提言をしていきたいと考えており、皆様からのご指導ご鞭撻も引き続き賜りますようお願い申しあげます。

本年が、皆様にとりまして幸多き年となりますことをご祈念申し上げます。

                                                                               岡山県議会議員 中塚周一

(※ 写真の当事務所前の門松は、地域の方からのご厚意で飾っていただいているものです。有り難うございます。)

2017年8月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カレンダー